HOME

8.1.14

Perfect

とにかくでかいスポット、凄いコンボトリック、難易度の高いトリックをしたからといってカッコいいわけではない。当然コンテストではそーいった面が評価されるが。
僕の思うカッコいいライダーってのは、そんなとこスポットになるんだ!とか、誰でも出来そーな技だけど完璧な完成度、スピード感、トリック中の姿勢、フェイキーの戻り、自転車の動かし方、スポットへの拘り感、全てが重なり合って、うまいなって思う気持ちから、カッコいいに変わる。それが出来てるライダーってのは大体、普通に漕いでるだけでもカッコ良く見えたりもする。オーラもあるのかな。
やはり想像できるライディングは興味がない。どんな大技でも。やる場所も重要。
映像では伝わりきらないなんてのは日常茶飯事。そんなのは一緒に乗ったメンバーだけの特権でもある。普通のカーブBOXで凄技見せられても、ふーん。て思ってしまう。皮肉に聞こえてしまうかもしれないが、上手いとカッコいいは全く別物。そこがわかる人間がどんどん増えてきたかのもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿